Kanagawa University Student Basketball Federation
神奈川学生バスケットボール連盟
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
協賛
小林歯科医院
Twitter
bjリーグ
横浜ビー・コルセアーズ
秋季大会展望 <男子・女子>

秋季大会が始まる。
関東学連の大会を最後に4年生が引退して新チームとして臨むところ。今年の総決算として総力を上げてしかけてくるところ。チームによって事情はさまざまであるが、今季最後の大会。熱戦が予想される。


秋季大会展望 <男子>


Aブロック
東海・湘工・職能・神2。

昨年のBブロックとほぼ同じ顔ぶれとなった。(昨年は神2ではなく、神工であった。)
やはり、日程的なハンデがあるとはいえ、春の覇者・東海がはっきり優位である。
鈴木・新妻・菊池・紺野・岩佐らのガード陣。大川・元山・小崎・西川のフォワード陣、そして納富・大川・柴田・渕上のインサイド。これらの選手がさらにしのぎを削って、より高いところを目指す。今大会の最右翼といいだろう。優秀な選手が多すぎて使い切れない。戸田コーチの贅沢な悩みが聞こえてきそうだ。春・秋、神奈川完全制覇を目論む。

これに待ったをかける一番手として名乗りを上げそうなのが湘南工科。春は「2部最強」とまでいわれたが、準決勝で北里に足をすくわれて不本意な成績に終わった。
内山・鳴坂の2枚のフォワードの得点力は今大会随一。インサイドもパワーの横山、うまさの野村とつわもの揃い。これをルーキーのポイントガード川村が束ねる。経験を重ね確実に成長してきた。看板の速い攻め、抜群の得点能力は川村の成長で磨きがかかってきた。
昨秋、決勝まで進み、実績も十分。昨年の雪辱なるか。

春は試合巧者ぶりを発揮し、見事に2部残留を果たした職能。金子・菅原・宮岡の外角、インサイドは井岡。そしてディフェンスのスペシャリスト小林。内外に人材を揃える。常に相手ペースで戦い、最終的には競り勝つというタイプ。うるさい存在である。

ここで残念なお知らせがある。神奈川大学が2部学生の募集を取りやめた。時代が働きながら学ぶ。という時代ではなくなったということであろう。
その時代に流れに沿って、何年かのうちにひとつの名門チームが間違いなく消える。神奈川大学2部である。かつては1部を張ったこともあり、最近でも坂井、山下ら個性豊かな選手を多く輩出。大会の貴重なバイブレィヤー的存在であった。
今大会では切れ味抜群のドライヴインを持つ坂本、シューター荒井、気合とパワーのセンタープレィヤー高嶋が軸。人数こそ少ないが、最後になるかもしれない公式戦参加。歴史に名を刻めるか。


Bブロック
神大・横商・関東六浦・調布といった顔ぶれ。

神大は東海に次ぐチームとして関東大学2部。今季はサイズが小さく2部では苦戦を強いられているが、身体能力、ディフェンス力に特徴がある。
春季大会ではいわゆるBチームで強豪・関東学院大学を撃破するなど層の厚さをみせつけた。
今大会軸になると見られるのは、スピード溢れるガード小日向、シューター永吉、身体能力の高さで1ON 1能力に優れる林。 
優勝候補の一角である。

春、残念ながら2部降格となった横商。選手の過渡期にかかりっている。
全盛期の生き残りで春季大会で131得点を上げた湯川の出場は微妙とされているが、ボールキープ、ゲームコントロールに優れる塚野、抜群のスピードを誇る御手洗の2枚のガードによって味付けの違うチームになるのは新しい魅力。
フロントラインもシュートに優れる高野、パワーとガッツでゴール下を死守する渡邊。新しい主力選手に期待である。

関東六浦は初参加の春季大会で3部3位。惜しいところで昇格を逃した。
昨年までは「関東学院」として秋季大会に参加し、ベスト8の実績のあるチーム。今大会も勿論、上位進出を目指す。関野・溝際の外角、インサイドの新井が得点源となる。

このブロック。ダークホースになりそうなのが田園調布大。
堤箸・古川のフォワードが内外に得点を重ねる。地力の高さは折り紙つきなので上位進出に期待する。


Cブロック

このブロックは春季大会3位・桐蔭横浜大学が県総合に推薦されたため、予選は免除。
横市・産能・神歯の3チームで1つの椅子を争う形になる。

予選免除となった桐蔭は相変わらず速さが売り。4年間金看板としてチームを率い、現在はコーチとして指導にあたられている倉持さんの「遺伝子」を確実に受け継いでいる。
関東大学3部はさすがに家賃が高かったきらいはあるが、激戦を戦い抜いたチームに新たな魂が注入されたようである。
11月中旬。このチームに会うのが楽しみだ。

横市は強豪連なる、関東大学4部で中位リーグに残り、4部に残留。相変わらずしぶとい。このチームの売りはチーム一丸となったディフェンスである。きっちり守って、速い攻めにつなげて行く。
スピードとボールキープ力に優れる小林と確率の高いシュート率を誇る工藤の3年生コンビを中心にディフェンスとゴール下の乱戦に強い山田、小柄ながら闘志あふれるプレィを見せる高野、横市らしい熱いプレィを淡々とする竹内のフロントラインは強力。
「ゴール下の主」として横市の大黒柱だった宮原が引退したが、その魂を引き継ぐ後輩たちの戦いぶりに注目である。

3部2位で入れ替え戦出場。鶴見を屠って1年で2部復帰を果たした産能。
スピーディで馬力のあるチーム。キープ力、得点力を併せ持つ大津、マジックのようなボールさばきをみせる池永、キレのあるシューター松下、抜群の得点能力を持つ藤井、そしてインサイドは井上。1・2年生主体の若いチーム。若さとパワーで、一気に駆け上がるか。

低迷を続ける神奈川歯科大。歯科大学というよりも歯科の業界自体がかつてない厚生省の締め付けにあい、苦戦しているのを象徴するかのようである。ほんと官僚国家ってこわいわ。
自慢のインサイド、下川・寺谷が引退。外角の錦織を軸に速さと外角を主体としたチームへの転換を図る。もともと、オールコートディフェンス、ファーストブレィクを得意とする伝統があるのでこの転換は本来の姿に戻る自然な形と言えるかもしれない。


Dブロック
関東・麻布・松蔭・関2。

関東学院は春季大会、1次リーグであの東海を圧倒。優勝候補最右翼となったが、準決勝で神大にまさかの敗退。3位決定でも精彩を欠き、4位に終わった。
このチームの能力の高さは誰もが一目置く。高さ、速さ、技術どれも1級品である。事実、あの関東大学3部Bでもまったく「別格」の存在。
唯一の死角はモチベーション。もしこのチームが高いモチベーションを維持して大会に臨んでくれば対抗できるチームは限られてくる。 

春季大会で2部準優勝。入れ替え戦で惜しくも防衛の後塵を拝したが、存在感・勢いを示した麻布。
オフェンスを看板に点を取りまくる、ベンチまで含めてチーム一丸となって戦うスタイルは健在である。キープレィヤーは切り込み隊長只木。ガードに菅原が加入したことで負担が減り、本来の攻めができる。また、不調をかこっていた星野がようやく本来の姿を取り戻した。他にもシューターの高橋、インサイドの梅本、渡部と攻め手には事欠かない。春の勢いを持続し、上位進出を目指す。

松蔭は春季大会で3部全勝。念願の2部昇格を果たし、関東大学リーグでも5部横浜ブロックで湘南工科大との死闘を制して、ブロック優勝を遂げている。今、一番勢いのあるチームといっていいだろう。
そのチームカラー勢いそのままに、速さが見所。香取、佐々木、柿島、高梨、木村と外角に人材を揃え、とにかく速い。インサイドも強力なリバウンダー中島がゴール下を制圧。どこが、このチームの足を止まるか。見所である。

関2は春季大会では本来の出来ではなかった。
槐のカットイン、川上の外角、そしてトリッキーなフックショットをみせる門井と攻めてが豊富。夜学というハンディからどうしても練習量に不安が残るが、選手の能力が高いので、乗せると怖い。


Eブロック
横国・工芸・文教・産業。

関東大学リーグで残念ながら3部Bから降格した横国。しかし最終戦の立教戦でみせた充実ぶりは名門チームの名にふさわしいものであった。
このチームは伝統的にガードに人材が多い。今大会も戸島・坂田らタイプの違うガード陣が鮮やかな試合運びをみせてくれるだろう。
フロントラインも、柔らかいシュートタッチの大沢、ミドルレンジから抜群のシュート力を誇る小川。と強力。
名ガードだった香川、チームの精神的支柱であった小野の強力な2枚が抜けたが、横国伝統の固い守りを引き継ぎ、来期、関東大学3部復帰への足がかりにしたところだ。

工芸は地味ながらも手堅いバスケットを展開するチーム。
浅川・安部・関根と3年生が主体。関東大学ではやや精彩を欠いたが、神奈川では気合を入れなおしてくるだろう。

春季大会で1勝もできずに3部降格となった文教。捲土重来に意欲まんまんである。志村・三浦・照井・郭と上級生が主力。昨秋は同じメンバーでベスト4まで昇った。主力を欠いた春だったが、秋に真価をはっきできるか。

産業技術短大は今季新加盟。
懸命にチーム作りを進めている。まだ結果が出るのは少し先になると思うが、春季大会では福地が得点ランキングにランクインするなど明るい話題もあり、今大会に念願の初勝利を期待する。


Fブロック
防衛・北里・鶴見・神工・選抜。

春季大会では1部7位で入れ替え戦出場。麻布の猛攻を凌ぎ、1部の座を守った防衛。しかし関東大学では入れ替え戦に進出することなく5部降格となってしまった。
その名の通り堅い守備を誇るチーム。攻めても抜群の体力武器に剛性の攻めを見せる。
ガードながら外角あり、カットインありとうるさいルーキー遠藤。3Pの職人坂本。インサイドはパワーファイター寺崎。そしてリーグ屈指のスコアラー高橋。
うまさより無骨なパワー。そんな強い防衛復活のきっかけを掴めるか。今大会の出来に防衛の未来が見える。

2部優勝を果たし、念願の1部チームとなった北里。
パスワークに優れる石原を基点に山田・田中のスコアラー、インサイドは高田。地味ながらディフェンス力に優れ、チーム全体の能力が高く、穴の少ないチームである。医学系の大学なので厳しいカリキュラムの中での大会になる。コンディションしだいでは秋にも旋風を巻き起こす力がある。

3部降格となった鶴見。歯学部・文学部と2つのチームを持つが、それぞれ精彩を欠いている。インサイドより外角に人材の豊富なチームであるが、残念ながら、まだその能力を生かしきっているとはいい難い状況である。
このチーム戦略をもてばかなりのところまでいけそうに思うのだが。

春の大会では人数が揃わず、不参加であった神奈川工科。
メンバーをみるところ、鳴海、二宮、小林、小嶋と昨年のリーグ戦で活躍した選手が揃っている。
じっくりした試合運び、確実なシュート。ペースを掴めれば上位も狙える戦力である。

さて、今年、中堅チームの強化を目的として、選抜Bチームがエキシビジョン参加する。各チームのエースを鍛え、チーム力を向上させる狙いである。
エースという重圧から解き放たれたプレィヤーがどんな技を見せ、どんな表情で試合をするのか。ぜひ、見て頂きたい。





秋季大会展望 <女子>

今年はインカレの時期がばっちり重なってしまい、松蔭大が不参加。
松蔭は基本がしっかりした選手、ハンズアップ・ボイス・スクリーンアウトなどを厭わない強い精神力を持った選手の集まりで、試合を見るたび、基本の重要性を痛感する。
そういうチームの試合が見られないのは残念であるが、今年もインカレを制覇し、東海とともに神奈川に大学日本一の栄誉をもたらしてくれることを期待する。


Aブロック
玉川・神大・東海に今年は選抜Bチームが加わる。

玉川は関東女子2部であの専修を下し、優勝。
もっとも春季大会で「日本一」松蔭と互角以上に戦ったのだから当然とも思えるが、専修、東女体、順天堂、日大と連なる2部のラインナップをみるとこれがどれだけ大変なことか、お分かりいただけると思う。
秋季大会は東京総合・インカレの合間で行われる形なので、どんなチームでくるか今のところ読めないが、いずれにしても優勝候補の筆頭であることは間違いない。

神大は関東女子でブレイク。ブロック3位という好成績で上位リーグに進むと順天堂を下すなど星をあげた。
4年間、或る時はスタートで、或る時はシックスメンとしてチームの大黒柱だった疋田が引退。この春から就任した森田コーチは下級生を軸にしたチームづくりを進め、見事なチームを作り上げた。
新チームとなって初めてに大会となる神奈川学生。「ニュー神大」のお披露目である。

逆に低迷ぎみなのが東海。関東では初戦の神大戦で競り勝ち、いい立ち上がりであったがあとが頂けなかった。
今シーズンは浅岡のけがに始まり、低調であったことは否めないが、心機一転巻き返しをはかってくるであろう。伝統の平面的なバスケットに磨きをかけ、パワーとスピードの東海をみたい。
新チーム中心になるのは強力なリバウンダー江川、新指令塔・福島、鋭いカットインを持つ新川、守ってよし、攻めてよしのルーキー白澤といった面々。期待できそうだ。

選抜Bはやや準備不足の感はあるが意欲満点で臨んでくる。
2・3部のエース達。はたして一部校に通じるか?高さ、パワーでは厳しいのはわかっている。しかし、ランクが上の高さ、パワーに戦いを挑むことがレベルアップにつながるのは間違いない。大金星をあげることができれば最高である。

ブロック別にチームを眺める前に今年の事情を説明する。
県総合に進出できるのは本来なら3チーム。今年でいうと松蔭・神大・東海である。
ところが、他に出場枠を持つ実連が出場権を返上。学連枠がひとつ増え4つになった。さらに東海がチーム事情から出場を辞退。その結果、北里、鎌倉の両チームが出場することになった。ぜひ、がんばって、ベスト4を学連で埋めてほしいところだ。

さて、その北里。大エース北相模は健在。大金・遠藤・高宮のG・F陣も元気である。越前谷一枚のインサイドが弱点になるが、そこを持ち前の動きとシュート力、そして元気でどこまで補えるか。ベンチまで含めた一体感が北里の強さである。
このチームはカリキュラムの関係から3年生で引退するのが常。となると北里の躍進を支えてきた北相模・大金・遠藤・越前谷らが抜けることになる。今年最強のチームとなってラスト・イヤーを飾れるか。

鎌倉は春の得点王・ルーキー倉口、大黒柱・大堀、この2枚をつなぎ自らも得点を重ねる山田。と得点源が3つあるのが強み。
関東女子でも3部中堅に食い込む健闘ぶりをみせている。
この秋は山田が最後のシーズンとなるだけに気合もみなぎっていることだろう。春、2部の女王の座を北里に奪われた。王座奪還を誓う。


Bリーグ aブロック
麻布・防衛・横市・神歯。

北里・鎌倉の総合大会推薦をうけてブロック再編となり。上記4チームがAブロックとなった。

麻布は春季大会、際どい所で2部に残留した。
エースは大田。カットイン・外角と小柄ながら抜群の能力をみせる。
人数が少なくなってしまったが、まとまりよく、粘り強いディフェンスを見せるチーム。関東を力を合わせて乗り越えてきた成長の証をみせられるか。

防衛・神歯は残念ながら2部降格となってしまった。今大会に雪辱を期す。
防衛はシュート力のあるガードの戸井田がゲームを作り、横山・本庄が外角、奥山のカットイン、今野のインサイド1ON1、そして渋田の早い動きでかく乱する戦術を駆使する。
インサイドの今野を軸に自慢の体力を生かした攻めをみせる。

神歯は外角、カットインと、とにかくボールを持てばゴールに入れることができるという凄い能力を持った芳田が軸。ここに小西・黒川の外角、窪田、小林のインサイドがからんでくる。
春は「芳田を止めれば・・。」という感じであったが、秋はそうはいかないだろう。1年でチームがどこまで成長したか。見ものである。

横市は関東学生で健闘。5勝2敗の好成績を挙げた。混戦であったブロックなので惜しくも順位決定トーナメントには進めなかったが、優勝し、4部3位に入った成城に競り勝ったのだからたいしたものである。
飯村・島村のインサイドコンビはやはり破壊力抜群。パワーの飯村、技の島村とタイプが違うので守るのは骨が折れるだろう。これに外角、カットインと切れ味鋭いフォワード内田を加えたフロントラインは今大会屈指の破壊力をもつだろう。


Bリーグ bブロック
産能・相模・横短。

産能は昨年3部から昇格。春は3位と好成績を収めている。
うまい選手がそろっており、個性的なチーム。明るいムードを持った村山がチームをまとめ、外角からは大坪、岩田、インサイドは松田、岩崎。そして速い展開になれば間島が生きてくる。まさに硬軟自在の布陣である。
ベスト4の上を窺う。

相模も関東で充実した戦いぶりを見せた。
安定した山崎。抜群のシュート力を誇る荒原の2枚のガードをはじめ、シューターの尾崎、切れ味鋭いプレィが身上の末吉、インサイドながら、外角もこなす肥田野と駒は揃っている。

横短は唯一の短大チーム。しかも保育科と大変忙しいなかでの参加である。
軸になるのはパワーファイター曽地。外角の柴田。
得点能力の高い選手が揃っているので今大会のダークホース的存在である。


Bリーグ cブロック
調布・工芸・鶴見・文教。

春季大会。モチベーションの高さ、速さを武器に2部4位とシード権を得た調布。
今大会も高いモチベーションは健在である。
ボールキープ力に優れ、華麗なアシストを身上とする北村を基点に串田のドライヴ、芦澤の外角、そしてチーム一丸となって走るバスケットを展開する。
走らせると怖い。

工芸はやや人数が減ってきて苦しい展開を余儀なくされている。
主な得点源はシューターの二見。これは只者ではない。フリーにすれば、距離は関係なくまずはずすことはない。「女折茂」といったところか。この二見もフリーにする動きを全員でみせる工芸。関東を越えて充実してきたか。

3部優勝を果たし、2部復帰を決めた鶴見。
攻めては安定感抜群の丸谷のゴール下を軸に斉藤、小出の外角。守っては時折見せるオールコートのハードディフェンスでリズムを作ってきたチームなので大崩れはないだろう。
上記3名にキャプテンとしてチームを支える白井、司令塔の好川のスタート5名が今年で卒業となる。最後の一花を狙い、執念を燃やす。

文教は春までの主力・鶴殿、松島の主力2枚が引退。それだけに結束を固めて大会に臨む。
スピード感溢れるガードの宮本、鋭いカットインを持つ伊藤、リバウンダー戸高が軸。全員で声を出し、走りまくる全員バスケットをみせてくれるだろう。春のリベンジに期待。




いよいよ開幕する秋季大会。会場の問題でまだ落ち着かないが、柳沢委員長以下関係者は懸命の努力を続けている。
ご理解を賜りたい。